ホームページ募集要項お問合せ電話番号やまびこ幼稚園
やまびこのモットー遊びながら学ぶ園庭紹介やまびこのイベントやまびこの歴史・活動やまびこのQ&A子育てのヒント交通アクセスとバスルート

やまびこ幼稚園 子ども達の風景

いつも元気なやまびこ幼稚園の子ども達。子どもが自分から問題を解決していく姿や、
周りの友だちや先生達とのやりとりなどを写真を交えて紹介します。
<< 平成31年度(令和元年度)修了式 | main | 園長室だより 3月号 その1 >>
園長室だより 3月号 その2

〜園長室だより 3月号 その1 からの続き〜

 

*********************

 

手作りの力豆(うさぎ組)

 

 今年度は、鬼退治の豆を【力豆】として、

子ども達の手で作ることにしました。

うさぎ組では、【力豆】作りをするという

事で、節分への意識への繋がりと、数への

経験を大切にしたいと考えました。

 子ども達に、

「どれくらい力豆を作ろうか?」と尋ねま

すと、「これぐらい!!」と、両手を大き

く広げ、“沢山”という事を表現した子ども

達。

10本の指で、1〜10までを自分で数え

る事がまだ難しい事もある為、今回は紙に

1〜10までの数字を書き、1つずつに線

を引いたものを教材として準備しました。

(下のようなものです)

 

 1

 2

 3

 4

 5

 6

 7

 8

 9

10

 

 

力豆を作る時、

まい:「逃げないで〜隠れないで〜。」

れん:「1,2,3…(自分で創った力豆

    をマスに並べて数を数えています)

    10個出来た!れんが力出して、

    力豆にしたんだよ。だってお家で

    チョコパンいっぱい食べてきたも

    ん!」

たいち:「僕は、優しい鬼になってねって

     思って作るね。」

と、力豆を作る為に、パワーをためてきて

いた事や、鬼と戦う時への気持ちの持ち方

等、子ども達からの姿や言葉から、豆まき

への意識の強さが感じられました。

また、1〜10までのマスに対して抵抗感

を見せる子は1人もおらず、

「(7マス目まで作ると)あと、1,2,

3個だ!」と、数えながら作ったり。

自ら、マスの上に力豆を乗せて残数を確認

する姿も見られ、力豆を作る事で、数への

興味を示し、楽しさも味わっていました。

そして、クラスで豆まきの練習をしていた

時、なおたろうくんが両手で大事そうに1

つの力豆を持って担任の所に来ました。

「これさ、床に落ちてて、誰かが頑張って

作ったのに、なかったら困ると思う。」と、

なおたろうくん。この気持ちがとても嬉し

く感じ、なおたろうくんと一緒に次の配慮

をしました。

「この力豆は名前が書かれていないから、

コップに“おとしものの ちからまめ”と

書いて、部屋に落ちている力豆があった

時、そこに入れられるようにしよう。」

と2人で考ました。

そして、その一連のやりとりを周りの子

ども達はしっかりと見ていたのです。

すると、部屋に落ちている力豆を見つけ

ては、コップに入れてくれる子ども達の

姿がありました。

子ども達の【力豆】に対する思いの深さ

が伝わってきました。

 

以上、9クラス分の子ども達の姿をご紹

介させて頂きました。

 

         ★

 

今年度最後のお便りになってしまいました。

一年間、拙いお便りに目を通して頂き、

ありがとうございました。

心より感謝申し上げます。

(進級児の皆様には、修了式にお渡し致し

ます、広場最終号が残っております)

子ども達は、いつも前向きでした。

そして、本当に優しい子ども達でした。

いっぱい助けられました。

子ども達に感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、保護者の方の温かいご支援に支

えられた一年でした。

本当に有り難いです。

卒園する年長児は、学校生活で。

在園児は、これからもたくさんの体験を

積み重ね、そして、新しい一歩を踏み出

していけるよう、願っております。

 

| - | 12:55 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE