ホームページ募集要項お問合せ電話番号やまびこ幼稚園
やまびこのモットー遊びながら学ぶ園庭紹介やまびこのイベントやまびこの歴史・活動やまびこのQ&A子育てのヒント交通アクセスとバスルート

やまびこ幼稚園 子ども達の風景

いつも元気なやまびこ幼稚園の子ども達。子どもが自分から問題を解決していく姿や、
周りの友だちや先生達とのやりとりなどを写真を交えて紹介します。
<< 26年度始業式〜進級児登園日 | main | 親子で遊ぼう会 >>
入園式〜5月の子どもたち
早いもので、入園式からひと月が過ぎました。
新入園児の初登園日から数日間は、あちらこちらで
「ママ〜!!」、「おかあさん〜!!」と初めての
園生活に不安と戸惑いを感じ、涙する子どもたちの
姿がありました。
もちろん、初日から元気いっぱいで活動的な新入園
児もたくさんおりました。
1週間、2週間と過ごしていくうちに、新入園児も
だいぶ落ち着き、園生活に慣れて来ました。
登園してから、帰るまでの園での生活の見通しもつ
くようになり、活動範囲も広がってきました。

入園式〜5月の子どもたちの園での様子をご紹介します。



<平成26年度入園式>

入園式
4月15日入園式
「おおかみと7匹のこやぎ」の職員劇を見たあと、担任の紹介
がありました。

入園式
お天気にも恵まれ、無事入園式を終えることができました。
明日からいよいよ、お家の方と離れての園生活が始まります。



<新入園児初登園日>

登園風景
初めての幼稚園ドキドキするな〜
でも大丈夫!
優しいお兄さん、お姉さんたちがお部屋まで連れて行って
くれるよ!

登園風景
坂だから気をつけてね!
転ばないようにゆっくりと手を引いてくれる年長児でした。

登園風景
優しく手を引いて保育室まで送ってくれる進級児。
でも、新入園児は時々、途中で楽しいことが目に入ると、
カバンを背負ったまま別々の方向に散っていってしまうので、
「最初にお部屋に行ってカバンを置いてから遊ぶんだよ〜」と
教えてあげないとね。
新入園児を追いかけながら、最後まで責任を持って保育室まで
送ってくれる進級児です。
自分達も先輩たちに同じ様に優しくしてもらったから…。

登園風景
「まってたよ〜!!」
「おはよう!!」
担任と、一足先に登園していたクラスの仲間達がお出迎え。
今日も楽しく遊ぼうね〜!!

登園風景
4月中旬。
園のすももの木も花が開き始めました。
2便の子どもたちも到着。
「早く遊びたいな〜!!」

帰りの用意
新入園児が登園してきて、最初の3日間は午前保育でした。
片付けのあとに、年長児が年少児のクラスに手伝いに来てくれ、
着替えなどを手伝ってくれたり、次にすることを教えてくれたり…。
どうしたらよいか分からないでいる新入園児の力になってくれて
いました。
ひと月が過ぎた今では、帰りの準備も自分の力でお手の物。

帰りの用意
一番上のボタンはかけるの難しいんだよね…。
手伝ってあげるよ。
最初の頃は、新入園児がひとりで行うのが難しいことを手伝って
くれたり、代わりにやってあげたりしていた年長さんですが、慣
れてくると、今度は新入園児が自分でできるようにと徐々に手伝
いの手を引いていってくれた年長さんでした。
ひと月もたつと、年少児も自分の力で靴を履いたり、制服を着た
りするのがだいぶスムーズに行うことができるようになりました。
着々と力を付けて来ている新入園児です。



<園での遊び 4月〜5月>

ジャンボ滑り台
入園当初は、保育者と一緒に行動し遊びを楽しむことが
多かった新入園児です。
年長児が滑り台の縁に立ち、トンネルを作って遊びをよ
り楽しくしてくれました。

ジャンボ滑り台
園生活にも慣れしばらくすると、年長児の真似をして早速
トンネルを作って滑り台を楽しんでいた年少児です。
楽しそうなことはどんどん真似をして試み、吸収していく
子どもたちです。
少しずつ体力もついてきて、遊びも活発になってきました。
トンネルを作るバランス感覚もついてきて、トンネルをく
ぐる方も頭を低くしたりして、ぶつからないようにすべる
身のこなしが上手になってきました。

ジャンボ滑り台
滑り台に慣れてくると、後ろ向きに滑ったり、立って滑ったり、
それぞれが遊びを工夫して楽しんでいました。

段ボール滑り
段ボール滑り。
「なんかワクワクするね…」

段ボール滑り
「ヤッホー!!」

段ボール滑り
楽しいね!!

段ボール滑り
新しいクラスの仲間と一緒に〜

鬼ごっこ
保育者と一緒に鬼ごっこ。
「先生つーかまえた!!」

鬼ごっこ
つかまった人はここに座っててね。

実は、同じ日に別なクラスでも鬼ごっこを楽しんでいました。
つかまった人は、指定の場所に座って、全員がつかまるまで
まっていました。
そこに、シクシク泣いている女の子がいました。
保育者が「つかまって悲しくなっちゃったの?」と言葉をかけ
ると、「鬼につかまりたくなかったのに、つかまってくやしか
ったの…。」と気持ちを伝えてくれました。
すると、それを隣で聞いていた女の子が、「鬼ごっこってそう
いうもんだよ。」とぼそりと…。
確かに…(笑)
声をかけてくれた女の子は、これまでにもお兄さん、お姉さん
やその友達と一緒に鬼ごっこをした経験がたくさんあったよう
です。遊びの中で自分も様々な感情を体験して、出て来た言葉
でした。
1つの遊びを通して、ルールだけではなく、様々な心の葛藤や
感情を体験している子どもたちです。
自分が置かれている状況を理解したり、考えたりするのに、大
人だけでなく友達とのかかわりも深く結びついています。
なぜか大人が諭すより、子ども同士の方が素直に言葉が入り、
わかり合えたりすることも多いです。
日々たくさんのことを吸収していっている子どもたちです。

鬼ごっこ
最後まで頑張って逃げたけど、鬼がこんなにたくさんだと
逃げ切るのは難しい〜!!
最後のひとりになるまでつかまらずにいたのはすごいね!!

鬼ごっこ
年中児は5月に入り、クラスの仲間達と鬼ごっこをして
楽しむ姿が増えてきました。
ルールは遊びながら身に付けていくので、遊びの中で様々
なハプニングも!!

鬼ごっこ
あれあれ〜?
鬼ごっこの途中で鬼がいなくなってしまいました。
どうやら追いかけている途中で遊具が目に入り、急に遊び
たくなってしまったようです。
「鬼さんが遊んでると鬼ごっこが終わらないよ〜」
はっ!として、鬼ごっこに戻る年中児でした。(笑)
初めての鬼ごっこは、最初は追いかけたり、追いかけられ
たりということに楽しさを感じ、張り切ってスタートしま
すが、だんだん飽きてきたり、他の物に興味が移ってしま
ったりする人が出て来たりして…
様々なハプニングがありますが、それも鬼ごっこのルール
や、遊びの本当の楽しさを理解していく上での大切な過程
です。
ありのままの子どもの姿を受け止めつつ、小さな体験を積
み重ねて行っています。

年少砂遊び
4月当初、年少児は、年中・年長児と外での遊びの時間を
ずらして活動していました。
年長、年中児はスピード感のある遊びが多いので、年少児
は体力がつき、慣れるまで、午前中の外での遊びの時間を
他の年次とずらして設定しています。

年少砂遊び
お料理つくってま〜す!

年少砂遊び
この日はゆったりした時間の中で、じっくりと砂場での遊び
を楽しみました。
慣れるまでは、外遊びは砂場遊びや固定遊具での遊びが中心
になりますが、5月中旬頃から自転車遊びも始めました。

年少縄跳び列車
新しいお友達と、電車ごっこ。
いってきま〜す!

段ボールの屋根
段ボールの屋根の下でちょっと休憩。
年少児は、担任と一緒にゆったりと遊びの時間を楽しんで
います。

花の絵
「お花を持ってきたよ!!」
登園すると早速、持ってきた花を見ながら絵を描き始めた
年少児です。

つばめ
そして、クラスのテラス前につばめが巣を作り行き来する
ようになると…
つばめの動きをじっと見て観察し…

つばめ
その感動を早速絵で表現しました。
感動をありのままに素直に表現してくれる年少児です。
日に日に作品が増えていっています。


ブランコ
年長児は経験があるとはいえ、新しいクラスでのスタートに
多少緊張を感じ、ドキドキしている様子もありました。
新しい環境に戸惑いを感じつつも、新しい友達と遊んだり、
担任と一緒に遊んだりするうちに、表情も和み、遊びもダイ
ナミックになってきました。

ブランコ
体力も、技術力もだいぶついているので、少々難しい遊びも
やりこなし楽しんでいます。
バランス感覚も抜群です。

折りがみ
今日は、大人の力を借りず、自分の力で折ってみたの!!

砂遊び
砂場遊びもダイナミックに!

砂遊び
天気のいい日は何日も遊びが継続していました。
仲間と力を合わせてこんなに長い川をつくりました。
すぐ干上がっちゃうので、たくさんたまるまで水を運ぶのが
大変なんだ…。



<放課後の遊び〜バス2便が来るまでの遊びの時間〜>

5月に入り、新入園児もだいぶ落ち着いてきました。
5月上旬から2週間、家庭訪問期間があり午前保育に
なりました。
午前保育期間は特に、2便のバスで登園する子どもた
ちの外での遊び時間が少なくなってしまうので、帰り
の1便のバスが出発し、徒歩の方のお迎えのあとに、
2便のバスの子どもたちの外での遊び時間を確保して
います。晴れた日は、帰りのバスの時間まで思いっき
り外遊びが楽しめます。

2便放課後遊び
先生と一緒に鬼ごっこ。

2便放課後遊び
それ、逃げろ〜!
鬼ごっこで全力疾走する年長児。

2便放課後遊び
補助なし自転車の練習も放課後に頑張っています。

2便放課後遊び
何度も何度も練習すると、自力でこげる距離が少しずつ
長くなっていくので、ちょっと疲れて大変だけど、頑張
る勇気も出て来ます。
乗れるようになるまで、担任も応援しながら力を貸します。
努力するってすごく大変だけど、自分で成し遂げられた時
の達成感は確かな自信につながります。
大変さも経験した分、頑張ってる友達にも優しい言葉をか
けてくれるようになります。
大人が教えなくても、体験から吸収する力は子どもはピカ
一です。

2便放課後遊び
一輪車の練習も!!

2便放課後遊び
年中からずっと練習を続けてきて、4月はまだ手放しで少し
進むのがやっとだったのに、ひと月で技の練習をするまでに
なりました!!
自信がつくと伸びるのが早い、早い!!
努力の成果も実感している子どもたちです。

2便放課後遊び
年少さんも、自転車遊びを楽しんでいます。



ほんの一部ですが、4月・5月の園での遊びの様子をお伝え
しました。
カメのお世話をするカメチームも日々新しい発見をしながら
頑張っていますし、身近な自然を利用して楽しむ活動も盛り
上がって参りました。畑の活動も始まりましたので、次回、
お知らせできればと思います。
お楽しみに〜。













































 
| 子どもたちの生活 | 16:59 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE