ホームページ募集要項お問合せ電話番号やまびこ幼稚園
やまびこのモットー遊びながら学ぶ園庭紹介やまびこのイベントやまびこの歴史・活動やまびこのQ&A子育てのヒント交通アクセスとバスルート

やまびこ幼稚園 子ども達の風景

いつも元気なやまびこ幼稚園の子ども達。子どもが自分から問題を解決していく姿や、
周りの友だちや先生達とのやりとりなどを写真を交えて紹介します。
<< 夏期保育〜流しそうめんをしました〜 | main | 運動会へ向けて〜年長 お遊戯〜 >>
運動会へ向けての取り組み 〜年長組〜
もうすぐ運動会です。
子ども達はお家の方に「がんばっている姿を見せたい!」
と運動会への期待を膨らませているところです。
 
年長児にとっては、今年が幼稚園最後の運動会になります。
夏休み明けから、10月8日の運動会に向けて「どんな競技を
したいか。」、「どんな運動会にしたいか」というところから子ど
も達と一緒に考え取り組んできました。
今回は、10月号園便りの「年長便り」を通して運動会へ向け
ての取り組みの様子をお伝えしたいと思います。


〜 年長だより 〜

夏休み明けすぐに始まった運動会へ向けての活動。
前回のお便りでは、運営の係と、競技の中での踊り
の曲が決まったことをお知らせさせて頂きました。
その後も毎日心を通わせ合いながら取り組んでいる
子どもたちの様子をお知らせさせて頂きます。

 

幼稚園最後の運動会で行ってみたい競技として挙げ
られていた10の競技。

・玉入れ  ・リレー  ・綱引き  ・騎馬戦  
・踊り ・縄跳び 
・補助なし自転車 ・マジック
・一輪車  ・かけっこ
    
この中で、踊りは全員の気持ちが一致して行うこと
が決定していました。
しかし、その他の競技は実際に体験することで、
年長としての競技として取り入れるかどうするかを
考えようということになっていました。
そこで、1日に2〜3種目ずつ試す日を設けました。
みんなも知っている一般的な競技は、子どもたちと
一緒にルールを考えながら行っていきましたが、
どのように行ったら良いか分からなかった縄跳び、
補助なし自転車、マジック、一輪車の4つの競技は、
「やってみたい!」と話してくれていた子どもたち
の中から代表を選び、ルールを考えてきてもらうこ
とになりました。
縄跳びはくぼりょうた君、補助なし自転車はあべゆ
うと君、マジックはつちうらたくみ君、一輪車は
ますださきちゃんがリーダーです。
どの子も緊張で胸がいっぱいな中、
「運動会でやってみたいんだ!」という強い思いの元、
しっかり構想を練り、みんなに自分のイメージを伝
えてくれました。

●縄跳び・・・園庭の真ん中で年長全員が一斉に縄跳
びをする。挑戦できるのは1人3回まで。
3回跳び終わったら座って待っている。

●補助なし自転車・・・年長児の参加したい人のみ参
 加する。その他の人は応援団
 になる。自転車コースで2人
 ずつスタートし、3周ずつ回
 ってゴールする。

 ●マジック・・・鉛筆を親指と人差し指で優しく持ち、
 上下に振る。すると、真っ直ぐな鉛筆
 がグニャグニャに曲がって見える。
 腕の運動になる。

 ●一輪車・・・年長児の参加したい人のみ参加する。
 その他の人は応援団になる。
 自転車コースで参加したい人が各々見
 せたい技に挑戦する。

        りょうた君、ゆうと君、たくみ君、
        さきちゃんがリーダーになり考えて来て
        くれた4つの競技はどれも、頑張ってい
        る姿をじっくり見せたいという思いがこ
        もっているもので、実際に応援団の子ど
        もたちから自然とコールが起きたり、
        転んでしまった仲間に駆け寄る姿なども
        見られ、それぞれが楽しんで行っていま
        した。その他の5つの競技も大盛り上が
        り!それぞれ体験して感じた思いを胸に、
        クラスへ持ち帰り、相談することになり
        ました。
        相談する時のポイントは
        『年長の運動会』です!

 

まず、各クラスで相談してから3クラスで集まって相談
しようということになり、3クラス別々の相談が始まり
ました。どのクラスでも、やはり様々な意見が出されま
す。その中には、補助なし自転車、マジック、一輪車を
運動会で行いたいという意見もありました。
元々それらを行ってみたいと希望していた子もいました
が、実際に行ってみて楽しかったからと気持ちを伝えて
くれる子もいます。しかし、反対意見も聞かれました。


・「鉛筆を曲げるマジックをしても、鉛筆が小さくてお
  客さんには見えないんじゃない?」


・「補助なし自転車や一輪車に乗れない人はどうすれば
  いいの?」


・「みんなで決めた目標の中に、“みんなで”ってい
  う言葉があるから、みんなができる競技の方がい
  いと思うよ。」


どの子も、一生懸命考えた上で気持ちを伝えていますの
で、初めは頑なに「どうしても一輪車をしたいんだもん!」
等と話していましたが、仲間の言葉を聞いて
『たのしく こころをあつめて おもいでがのこるように
 みんなで ちからをあわせて がんばる うんどうかい』
というスローガンを思い返しました。
すると「そうだね。気持ちが変わったよ。」
「一輪車は別な時にやる!」等と、仲間の気持ちに歩み寄
る姿がありました。

 他の学年の競技との兼ね合いもあり、年長として行える競
技は4つ。どのクラスも4つずつ行いたい競技を選んで、
翌日、それらを持ち寄って3クラスで集まりました。
みんな、他のクラスの意見が気になってドキドキしています。
1クラスずつ代表の子に発表してもらっていく中で、子ども
たちの顔はパァ!と笑顔になりました。
どのクラスも同じ気持ちだったのです!
既に決定していた踊りを除いて、年長の競技として決定した
3つの競技は・・・


●かけっこ

 ・走るのが好きだから

 ・自分の力を試したいから

●リレー

 ・みんなで力を合わせられる競技だから

 ・クラスの力を試せるから

●騎馬戦

 ・お家の人とも力を合わせてみたいから

    
  
子どもたちは、ただ“楽しいから”といった理由ではなく、
  自分たちで考えたスローガンを踏まえた上で競技を選んで
  いたようです。
  ようやく競技が決定し、活動がスタートです!

 その日はまず、かけっこについて相談することになりました。
何人ずつ走りたいかという意見を聞いてみると、2人、3人、
4人、5人と様々な意見が聞かれます。


●2人で走りたい人の意見

  ・大人数で走ると足が絡み合って転んでしまうかもしれな
  いから


●3人で走りたい人の意見

  ・各クラス1人ずつ出て走れるから

●4人や5人で走りたい人の意見

・たくさんの仲間と走った方が自分の力を試せるから

3人で走りたい人の意見に対し、こうだい君が
「各クラスから1人ずつ出て走るんじゃリレーと同じじゃん!」
と考えを話すと、「なるほど!」と子どもたち。運動会をする
意味を改めて思い返し、『自分の力を試す』という原点に戻る
と、たくさんの仲間と走ることに意義があると感じ始めていま
した。
しかし、ゆうき君の気持ちは2人で走りたいというところから
動きません。どうやら、大人数で走って転んでしまうことを恐
れているようです。
すると、うずくまって考えているゆうき君の元へ、その他の仲
間みんながやって来て、「みんなで走った方が楽しいよ。」
「2人だけで走っても面白くないから4人とか5人で走ろうよ〜。」
と声を掛けにきてくれました。
その気持ちはゆうき君にもしっかり届き、担任との相談の結果
「先生と一緒に、走る練習して転ばないようにするから5人で
もいいよ。」と、ゆうき君の気持ちも一歩前へ進むことができ
ました。
みんなの気持ちが1つになったところで、一緒に勝負したい仲
間を集い、4人から5人の対戦グループを作っていく子どもた
ち。
走るメンバーはもちろんですが、走る順番も子どもたち同士で
相談しました。
運動会当日、どのような姿が見られるか楽しみになさっていて
下さい!

さて、1番初めに競技として決定していた踊りですが、踊り係
の子どもたちが他の係よりも先に動き出し、毎日集まって踊り
を作り上げてくれていました。その踊りが見事に完成!
『届け!つながれ!ぼくたちのきせきの夢』という素敵なタイ
トル付きです!
その踊りの発表会を早速ホールで行うことになりました。」
踊り係のりきまる君、ひなりちゃん、とびさわさつきちゃん、
あべさつきちゃんの4名は少し照れながらも張り切った様子。
ステージの上で堂々と踊りを披露してくれました。
お客さんになって見ている子どもたちも自然と体が動いたり、
手拍子をしていたり・・・。踊りを心から楽しんでいました。
発表が終わると拍手が起こり、「踊ってみたーい!」という声
が。実際にみんなで踊ってみますと、それはそれは大盛り上が
り!踊り終わると「はぁ、楽しかった!」
「なんだか楽しくて暑くなっちゃったよ!」と笑顔の子どもた
ちでした。

踊り係の子どもたち以外の係も既に動き出していて、それぞれ
メンバーで分担や方針を話し合いながら進めているところです。


●誓いの言葉係

 誰がどの言葉を話すかを相談し、大きな声で伝えられるよう
 に練習しています。

 元気な「げんきよく たのしく なかよく エイエイオー!」
 が聞けるよう、応援して下さい!


 ●アナウンス係

 どの競技のアナウンスをするかを分担し合い、各競技の担当の
先生にどのような競技なのかを確認して、伝えることをまとめ、
話す練習をしています。

 各競技の前に、アナウンス係の子どもたちが競技の説明を致し
ますので、楽しみになさっていて下さい!


●始めの言葉・終わりの言葉係

 一人ひとり、お客さんに伝えたい気持ちをノートに書いてまと
め、話す練習をしています。
それぞれ違った気持ちを伝えてくれることでしょう!


●プログラム係

 お家の方やお客様にお渡しするプログラムの製作を行っていま
す。どの競技を担当するかを分担し、お客さんが読みやすいよ
う、丁寧に字を書いたりして頑張っています。
どのようなプログラムが出来上がるのか、楽しみになさってい
て下さい!

 ●準備係

 どんな手伝いをしたいか、誰の為に力を貸したいかを踏まえた
上でどの競技の準備をするのかを話し合い準備をしています。
当日は、1人2競技ずつ、準備や片付けを行いますので、応援
よろしくお願い致します!


●やまびこ体操係

 仕事内容を相談した結果、入園したばかりでやまびこ体操を知
らない年少児や年中児にポイント等を伝えながらやまびこ体操
を教えているところです。また、運動会当日にやまびこ体操を
知らないお客さんの為に見本となって体操をすることになりま
したので、当日は一緒に体操をして、体の準備を整えて頂けれ
ばと思います!

 

 運動会まであと1週間!運営の係にも競技の練習にも全力投球
の子どもたちです。時に疲れた様子を見せることもありますが、
お家で子どもたちの声に耳を傾け、温かな励ましの言葉を掛け
て頂きまして、本当に感謝しております。
日々の取り組みの中での気付きを大切にしながら、心に残る運
動会を迎えられるよう支えて参りたいと思っておりますので、
ご声援宜しくお願い致します!

 

| やまびこの行事 | 15:52 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE